ノーフォークテリアのしつけ方に関する専門サイトです。

ノーフォークテリア専門サイト

ノーフォークテリア.com

ノーフォークテリア.comでは、ノーフォークテリアの正しいしつけ方法や飼い方、その他、ノーフォークテリアに関する様々な情報を配信しているサイトです。

このサイトの目的は、飼い主と愛犬がいつまでも幸せに暮らしていただくことにあります。そのためには、ノーフォークテリアのことをより飼い主が理解し、よりよい関係を築くことがとても大事になってきます。

まずは当サイトの各ページをゆっくりとご覧いただき、ノーフォークテリアの正しいしつけ方法や飼い方を学んで頂けたらと思います。

ノーフォークテリアのしつけ方

ノーフォークテリアはとても陽気な性格ですが、逆に警戒心が強いところが見えたりもしますので、しつけでは極端におおらかにならずに、用心深いところもある、と考えておくことです。

また叱るよりも褒めることが基本です。吠え癖や噛み癖が治った場合も褒めてあげると向上していきますが、おやつなどを与える場合はカロリーの高いものをあげ過ぎないようにすることも大切です。

できるだけ飼い主さんが気持ちをこめて褒めてあげれば、おやつを与えるのと同じような効果が得られるはずですし、褒める言葉をしっかり覚えておくと便利です。

また何か大きな悪さをしでかしたりすれば叱ることもあると思いますが、ひどい体罰は望ましいものではなく、たとえば手で平手打ちをした場合も、その手に対して愛情が沸かなくなってしまいます。

盗み食いなどでもよくあるシーンだと思いますが、メリットは全くない、デメリットしかないとも言えます。トイレを覚えさせたり、食事マナーなどもはじめは大切なしつけですが、飼い主さんがしっかりアイコンタクトを教えるのもできるだけ早いほうがよいです。

アイコンタクトはノーフォークテリアをアクシデントから遠ざけるために大切なことで、言葉で言うより相当に早い効果があります。

車を追いかけ出したりした場合もアイコンタクトができていれば制止することができたり、知らない人が来た場合も、ノーフォークテリアが不安にならないように目で合図することが可能です。

またよく身体で触られたくないような場所を触ると噛んだりしますが、ボディコントロールをしっかりしつけることも大切です。飼い主さんに対して身を任せることができないノーフォークテリアは他人にも迷惑をかける可能性が大です。

飼い主さんがまずどこを触ってもいやな気が起こらないようにすれば、病院で治療を受けさせる場合もよく言うことを聞くものです。まてやおすわり、お手などを教えることも大切ですが、基本的なしつけのために役立つものとしてマスターしておくのが理想です。

もしあなたが、ノーフォークテリアを飼っていて、しつけで困っているようであれば、当サイトでご紹介しているしつけ教材をお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

ですので、ノーフォークテリアのしつけで困っている飼い主の方は、ぜひ一度この教材を試してみてください。きっとしつけで困ることはなくなると思います。