ノーフォークテリア関連のページです。

ノーフォークテリアの関連ページについて


ノーフォークテリアの室内環境について

ノーフォークテリアはスタミナがあり、運動好きな犬種ですので、室内の環境も十分に遊べるようにスペースを確保するのが理想です。またできれば普段は室内にいるとしても、庭先に自然が多くていつでも出入りできるようなスペースを設ければベストです。

狩猟犬として飼われていたため、走り回るのはどうしてもやめられません、足場がよくて怪我をしないような場所であれば問題はありません。また室内は温度調整もしっかりできることが大切です。特に子犬のうちは体温調整もまだうまくできず、夏場も冬場も体調を崩してしまう大きな原因です。

室内の温度については25度くらいが理想ですし、湿度は50%程度あると被毛のケアにとって快適な環境と言えます。ハウスを置く場所も室内の中でも特に温度の変化が少ないところを選んだり、体力を消耗しないように、ストレスにも影響しない工夫が必要です。

夏場はエアコンだけではなく、涼しい時は窓を開けたり、サークル内にクールマットを敷いてあげるのもアイディアです。またエアコンの風が直接当たるような場所ではなく、扇風機やサーキュレーターで循環させるのもコツです。

梅雨時は皮膚に影響しますので除湿機を使ったり、また食べたものを暑い場所に放置すると中毒を起こしますので要注意です。熱中症になったら大変ですし、室内の温度をコントロールをこまめにすることは、ノーフォークテリアが病気をしないために、ストレスなくしつけが行き届くようにするためにも有効です。

お薦めしつけ教材

TVチャンピォン優勝!
森田誠の犬のしつけ法
日本一のカリスマ訓練士!
藤井聡の犬のしつけ法