ノーフォークテリアの無駄吠えを抑えるにはあるしつけ方法がとてもお薦めです。

無駄吠えのしつけ方

ノーフォークテリアのしつけはとても大事です

ノーフォークテリアが大きくもない声でキャンキャンと鳴いているような場合は可愛いものですが、声が過剰に大きかったり、吠え立ててしまうような場合は、飼い主さんとしても迷惑に感じてしまうものです。

また周囲に人がいるような状況では、大きな迷惑を与えてしまうこともありますので、しっかりしつけることが大事になってきます。

まず噛み癖もそうですが、吠える癖は飼い主さんに何かを訴えていることがほとんどです。たとえば縄張り意識もありますから、室内に他の動物が入ってきたり、落ち着ける場所がなくなってしまったりすると、ノーフォークテリアは吠えます。

連れてきたばかりの時はとくに居場所については不安が大きいため、サークルやハウスをしっかり用意しておくことも大切です。また犬は吠えることが自然であると理解してあげることも大切です。

まずはコミュニケーションをしっかり取ることも大切ですし、飼い主さんがリーダーであることを意識させることが大切です。また叱ることも大切ですが、我慢したら褒めてあげたほうが効果はかなり高くなります。

叱り方が中途半端だと逆に褒められていると感じたり、飼い主さんが喜んでいると勘違いすることもあります。叱る方法も体罰を与えるのはよいことではありませんが、飼い主さんが困っていることをしっかり伝えることです。

子犬のうちからあまりかまってあげられないような場合はショックカラーを使用することもあります。ノーフォークテリアにとっては辛いものですが、やはり仲良く暮らしていくための最終手段のしつけ方法としては有効です。

もしあなたが、ノーフォークテリアの無駄吠えで困っているようであれば、当サイトでご紹介しているしつけ教材を一度試してみることをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

またあなと同じように、ノーフォークテリアの無駄吠えで困っていた多くの飼い主の方が、このしつけのやり方を実践したところ、短期間で素直に言うことを聞く、ノーフォークテリアにすることに成功しています。

ですので、ノーフォークテリアの無駄吠えで悩んでいる方は、ぜひ一度このしつけ教材を試してみてください。きっと早い段階で悩みが解決されると思います。