ノーフォークテリアの噛み癖を止めさせるしつけ方のコツをお伝えしています。

噛み癖のしつけ方

ノーフォークテリアの噛み癖は、子犬のうちからしつけておくのが理想です。というよりも成犬になってからのしつけでは遅いとも言えます。飼い主さんだけを弱い力で噛むのであればまだしも、他人に危害を加えて怪我をさせてしまったら大変です。


飼い主さんによっては成犬まで放置してしまい、手などが傷だらけになってしまって悩んでしまう方もいます。こうならないために、ずっと付き合っていくためにもやはりノーフォークテリアが子犬のうちからのしつけが大切です。

ノーフォークテリアが噛んだ場合、闘争心をむき出しにしているようなことはありません。ほとんどは遊び心が出ています。

また興奮することもあると思いますが、まずは痛みを分からせることが大切です。つまり飼い主さんが噛まれたら痛いからやめてほしいと訴えることです。

例えばその場で噛み返すような方もいます。子犬が兄弟と暮らしている時分はよく母犬が子犬たちを噛むことで教えますが、噛まれると痛いということが直接的に伝わる方法です。

例えば自分に与えられたフードを食べている時に噛み付いたりもしますが、このような時にも撫でたり餌の皿を動かしたりしても大丈夫であれば、ほとんどしつけはうまく行っていると言えます。

噛んだら叱ると逆効果な例として、中途半端に騒いでいるように見られると、噛むことで飼い主さんが自分を喜ばせている、騒いでしまう、と勘違いすることがあります。そのままだと余計に噛んできますので、叱る場合のコツもしっかり意識することが大切です。

また歯が生え変わる時期にはむずむずと口の中が痒いことでよく手などを噛みます。このような場合はノーフォークテリアの口に手を突っ込んでしまうと、ノーフォークテリアが逆に苦しい立場になって、だんだん噛み癖がなくなっていくことが多いと思います。

他人を噛んだり、また子供を噛んだりしたら大変なことです。お客さんが来ても噛まない、そして吠えないように、しっかりしつけていくことです。

もしあなたが、ノーフォークテリアの噛み癖で悩んでいるようでしたら、当サイトではご紹介しているしつけ教材をお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

ですので、ノーフォークテリアの噛み癖で悩んでいる方は、ぜひ一度このしつけ教材を試してみてください。きっと悩みが解決されると思います。