ノーフォークテリアが下痢や嘔吐をしてしまう原因についてご説明しております。

下痢や嘔吐の原因

ノーフォークテリアの画像です

ノーフォークテリアを飼っていて下痢になった場合、様々な原因が考えられます。

また、一度下痢をしてすぐによくなってしまう場合もありますが、体調も悪化し、元気になってくれないような場合は、命に関わる重大なものが隠れている可能性もあります。

下痢は胃の機能に問題が生じた場合によくある症状です。食べ物でも飲み物でも消化がうまくできず、未消化のままで排泄されますが、消化する小腸に問題があることも考えられます。

食べたものが悪かったのであれば、一日程度絶食させて胃を休ませること、またノーフォークテリアの状態によっては、脱水症状になることがありますので、水分補給はまめにこなすことが大切です。

一過性のものであれば回復しますし、その後フードや水分をこまめに管理していけば問題ありませんが、やはり何かおかしいと思ったらすぐにでも獣医さんに診てもらうことです。

検便をしても寄生虫が見つからないために駆虫薬を飲ませたら大量に排泄されるようなこともよくあります。犬ですから拾い食い等にも気をつけていくべきです。

またノーフォークテリアが嘔吐をした場合、まず犬は人間よりもよく吐く生き物ですし、吐いたとして原因も様々です。食べ過ぎもあれば早食いもそうですし、病気が原因の場合もあれば中毒も考えられます。

また嘔吐ではなく単に吐き出すことも多く、唾を飲み込めないような状態になると急いで食べたものを吐き出したり、胃まで到達していないものをほとんど未消化で吐き出すケースですが、食道や喉にトラブルが起こっていることも考えられます。

嘔吐した後、ノーフォークテリアがすぐに元気にしているようであれば、半日程度は休ませておいて様子を見ます。またその後水分から与え、食べ物も消化のよいものを与えるようにします。

それでも元気が無いと判断したら、獣医さんに連れて行くのが妥当です。吐く頻度がどんどん多くなってきたり、苦しそうな表情をしている場合もできるだけ早めに治療を受けさせることが大切です。