ノーフォークテリアはある方法をとるととてもいい子に留守番してくれます。

留守番方法

ノーフォークテリアを留守番させる場合、運動不足にならないように散歩をしてからが理想です。室内で運動できるといっても1人になってしまうとやはりある程度危険はつきものです。

散歩してしまえば満足して眠ってしまうことも多く、そのまま留守番が終わるまで寝てくれればまず大成功といったところです。

他にはおもちゃを与えたり、フードもしっかり用意しておき、空腹をしのげるように水分の用意、そして夏場はとくに室内空調の管理もしっかり行っておくことが大切です。

また飼い主さんが留守番だからいい子にしていてね、などとほのめかすのもよくありませんし、1人だけになることを意識させないように、自然にいなくなって自然に帰ってくるのが理想です。

時間が長くても短くても、ノーフォークテリアにとって飼い主さんがいなくなることは寂しいものです。また飼い主さんと始終ベタベタくっついているような場合は、留守番は無理とも言えますので、リーダーシップを意識したしつけをしっかりしておくことが大切です。

また留守番を任せてそのまま監視してみるのもよい方法です。PCで監視カメラを設置してみる方法もありますし、その間に室内を荒らしているような場合は、急いで帰って叱ったりしないこと、そのまま無視して片付けてしまうことが大切です。

またしっかり留守番できているようであればおやつを与える、いっしょに遊んであげるなど、褒めることを優先させることを基本にするとよいと思います。

留守から帰った時に物が壊されていたり、床に傷がついていたりしても叱らないこと、叱っても留守中の行為と叱られていることを結びつけるのはノーフォークテリアにとっては困難です。

理由もなく叱れば飼い主さんは常に怖い存在になってしまいます。留守番の時間も初めは短く、だんだん長くしていくなど、ノーフォークテリアの反応に合わせて色々工夫していくことです。

もしあなたが、ノーフォークテリアがなかなかいい子に留守番をしてくれないと悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介するしつけ教材を一度試してみることをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

またあなたと同じように、留守番が思うように出来ないと悩んでいた多くの飼い主の方が、このしつけのやり方を実践したところ、短期間で大人しく留守番ができるようになったと、喜びの声が上がっています。

ですので、ノーフォークテリアの留守番の仕方で悩んでいる方は、ぜひ一度このしつけ教材を試してみてください。きっと早い段階で悩みが解決されると思います。