ノーフォークテリアの散歩の仕方について色々とお話ししています。

散歩について

ノーフォークテリアは小型犬ですが、スタミナがとてもあり、運動不足にならないようにするには、日に2回は散歩を必要とします。

また室内も広めのスペースを確保してしっかり遊ばせてあげるのが理想です。

とはいえ飼い主さんによっては散歩もままならないことはあるかもしれません。

そんな時はまず室内での遊びを十分にさせてあげたり、日を取って丸一日出掛けるなどもコツです。散歩は毎日が基本ですが、散歩しなかったからといっていきなり病気になることもなく、雨降りであればノーフォークテリアも嫌がったりしますし、飼い主さんにとっても無理は禁物です。

また暑い日もありますので、朝夕に時間をずらすなどもコツです。アスファルトであればノーフォークテリアが火傷をしてしまう可能性もありますので、午前中、夕方、それでも暑いような日も最近は多くなっていますから、日が沈んでからでもいいと思います。

また慣れないうちはまずリードや首輪に慣れさせることが大切です。首輪はそのままつけると嫌がることが多く、最初は緩めにぶら下げてみたり、室内でリードの訓練をしておくのも有効です。

そのままリードに慣れてきたら玄関から出る時に飼い主さんを引っ張るようなことがないように、ノーフォークテリアを制して自分から誘導するようにするのもコツです。

毎日定期的に同じ時間に散歩する方が多いですが、時間を決めてもノーフォークテリアから催促されて出て行くのではなく、飼い主さんが引っ張ってノーフォークテリアが反応するようなパターンが理想です。

逆になるとリーダーシップがとれなくなる大きな原因です。ノーフォークテリアが命令を出したくなってしまい、そうなるとだんだんしつけが行き届かなくなってしまいます。

またコースは定番のコースはあってもいいですが、他のコースも工夫して覚えていくとメリハリがあって、ノーフォークテリアもより楽しめるようになります。

雨降りの日はアーケードでもいいですし、天気の良い日は公園に向かって早足で歩いてみるなどの工夫が大切です。拾い食いや交通事故などにも気をつけながら、リードのコツもしっかり覚えていくようにしてみてください。