ノーフォークテリアを購入するときの選び方や注意点をお話ししています。

TOP > 関連ページ > 購入時の選び方や注意点

ノーフォークテリアの専門サイト

購入時の選び方や注意点

ノーフォークテリアの選び方や注意点のポイントをお伝えしています

ノーフォークテリアを選ぶ場合、まず信頼のできるブリーダーさんに頼ることが一番だと思います。では信頼できるブリーダーさんはどうやって選べばいいのでしょうか。

基準としては、少数飼育、繁殖を行い、年間にどれくらいの頭数を生み出すのかしっかり制御していることや、犬舎が清潔で、犬舎がある周りの環境への配慮もしっかりしていることなどがあげられます。

もちろん犬舎を見学できることも大切です。親犬も見ることで子犬がどのような体格に育つのかがわかります。

また親犬を見せてもらうことによって、飼い方のコツを教えてもらったり、狂犬病やワクチンの証明、血統書ももちろん必須です。しっかりとしたブリーダーさんであれば、親犬の血統、フードはどのようなものを与えて産んだのかなど、しっかりと答えてくれるはずです。

またノーフォークテリアは小型ながら獣猟犬としての歴史が長く、ハウンド系から枝分かれしたことで仕事内容は似ています。小さい体ながら闘争心があり、頑固なところもありますので、飼い主としてしつけができるかどうかにかかっていると言えます。

もちろんしつけがなっていれば家庭犬として立派に育ってくれます。テリアとしての性格も十分に把握していき、パートナーとしての自覚を持てることも大切です。

もちろん子犬ですからかわいいもの、理想の外観を持っているから飼いたい、という方も多いはずです。それはそれで問題ないですが、病気を持っていても気付かないでいる方も多いようです。

せっかく手に入れたノーフォークテリアなのに後々困ってしまい、医療費もばかになりません。おやつやペットシーツ、玩具類や予防接種、薬剤、健康診断費など、毎年かかる費用についてはブリーダーさんに相談できても、やはり実際に細々と揃えいてくと合わないこともあります。

ですので、ノーフォークテリアを購入する前に色々と想定をして、余裕を持ってかかる費用などを計算しておくことが大切です。トリミングももちろん、またしつけ教室などに連れて行く飼い主さんも多くいますから、その辺の計算もしておくとよいでしょう。

もしあなたが、これからノーフォークテリアの購入を考えていて、しつけや飼い方に不安を感じているのであれば、当サイトでご紹介している教材を購入することをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

ですので、ノーフォークテリアのしつけや飼い方で不安を感じている方は、ぜひ一度この教材を購入することを検討してみてください。この教材を勉強すれば、今後不安になることはないと思います。